パターンを知る

会員制ゴルフ場でゴルフをする為のモノです。

日本では色々なモノが会員権となっています。 ビデオをレンタルする為に必要な会員権や、本屋で買う何か本などを買う時にポイントが貯まる会員権など、色々です。 そして日本ではゴルフ場でも会員権があります。 それはゴルフ会員権です。 ゴルフ場の会員権はポイントカードみたいな経営を取っていて初見さんにも打ちっぱなしを受け入れるゴルフ場もあれば、中にはゴルフ会員権がないとゴルフ場を利用できないというタイプの場もあります。 基本的にゴルフ会員権とは利用権としての面が強く、そして尚且つ会員権を取得した人は色々な特典を受ける事が出来るというケースが多いです。 ゴルフ場の施設の利用料金が安くなったり、ゴルフ場内に同時されている飲食店が1、2割引きになったりと色々です。

こんなパターンもあります

ゴルフ会員権には色々な種類の会員権があります。 それは基本的に3つの種類に分けられます。 社団法人制、預託保証金制、株主会員権制、おおよそこの3つに分類されます。 そしてココに更にポイントカード制の様なシステムを取り入れているゴルフ場もあります。 それぞれ長所が違います。 社団法人制とは、いわばそのゴルフ場の社員という扱いになる人が貰える会員権であり、そのゴルフ場で勤めている人や親会社の偉い人などが持っている事の多い会員権です。 この場合はそのゴルフ場の社員大会や社員チームを結成しての全国大会への出場、みたいな事例もあります。 預託保証金制度とはゴルフ場に保証金を預ける事で、その会員権を得る事の出来ると言うシステムです。 退会の際に、そのゴルフ場により満額か否かは、よりけりですが保証金を返還して貰えます。 そしてこれを持っていると、場所次第ですがそのゴルフ場で一般プレイヤーは入場できない練習場所などにも入る事の出来る事になります。 株主会員権制とは、ゴルフ場の株主になって会員権を貰うシステムの事です。 そのお陰でゴルフ場の経営にも進言する事が出来る様になります。 この様に大雑把ですが色々なパターンがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加